物件を借りる時に必要な知識を身につけましょう

物件の事なら不動産に相談しよう

プチ起業を始める

今後の動向についての予測

近年増加傾向にあるのがプチ起業をする主婦たちです。家事の合間にできる趣味を利用した仕事などで起業をする人たちが増えています。そのため、テナントを利用してお店を開く人や事務所として利用する人などが増えてくると予想されます。 特に都内では持ち家よりも賃貸や分譲マンションを持っている人の方が多いため、家とは別に事務所や店を持つ人が多くなっています。 店舗や事務所として利用する場合、基本的には内装や設備は借りる人が負担して設置・撤去を行いますが最近では店舗の内装まで大家が行ってすべてをリースで借りることができるという契約も増えています。現在は都心部など一部の地域に限られていますが、今後は地方都市などにもこのようなスタイルが拡大することも予想されます。

テナントを借りる時に注意すべき点について

店舗や事務所を持った時に気をつけたいことが「内装」です。テナントとして借りる場合はエアコンなどの設備やクロスの張替えなどは借り主が負担して行うことになります。場合によっては入り口の扉の設置や自動ドアの取り付けなども借り主が行わなくてはいけないので注意しておきましょう。 また、原状回復に関しても注意が必要です。一般的な住居としての賃貸物件の場合の原状回復はすべて大家負担となっていますがテナントの場合は借り主が負担します。しかも設備などが何も無い状態にしなくてはいけませんので、設備など次の人が使えそうなものなども全て撤去するように注意しましょう。 お店を開く場合には、テナントが何階にあるかも重要です。人が入りやすい1階なら問題ありませんが階段やエレベーターを利用しなくてはいけない店舗の場合は集客が1階のテナントに比べて難しくなるので注意しましょう。