物件を借りる時に必要な知識を身につけましょう

物件の事なら不動産に相談しよう

敷金が戻ってくる

賃貸住宅を大切に扱うと敷金が多く戻ってくる

賃貸物件を借りる契約をする時にはまとまったお金が必要で、これを初期費用といいます。初期費用のひとつに、敷金というお金があります。 敷金は、もしも家賃を滞納してしまった時にここから充当したり、その賃貸契約を解除して出て行く時にクリーニングやリフォームの費用に充てるため最初に大家さんに預けておくものです。賃貸物件から退去する時には、原状回復といって自分の過失や故意で壊したり汚してしまった箇所は自分の負担で修繕する義務があります。 敷金は、必要な費用を清算したら残りは返してもらえるお金なので、汚したりといったことが少なければ多く戻ってくることになります。ですから、賃貸物件に入居する時には家具を置く時に敷板をしたり電化製品は壁から少し離して置いて焼けを防ぐなどの工夫をすることで、結果的に費用を節約できることになります。

女性に向いている賃貸物件とは

最近では女性の一人暮らしも増えており、賃貸物件もそれに対応したものが様々出ています。 例えば女性専用の賃貸物件、24時間管理人がいてくれるのはもちろん、エレベーターやエントランスなどに最新の防犯カメラが付いており、何かあったときは警備会社が駆けつけてくれるシステムになっています。こうした物件は都心に多く家賃も高めなのですが、安定した収入を得ている30代の女性に評判なようです。 ここまでしっかりした賃貸物件は無理だという人でも、女性向けの賃貸物件は多数あります。例えば宅配のときにわざわざドアを開けるのが怖いという声に答えて宅配ボックスを設定してある物件、ベランダに干さなくても室内に干せるよう浴室乾燥機がしっかりと完備された物件など、女性にとってありがたい賃貸物件が増えているのです。